離婚・男女問題はこちら
税務・M&Aに関する相談はこちら
ページトップへ

解決事例

Cases

長年放置されていた債権を回収できた事例

依頼者・相手方

依頼時の状況

10年間にわたって支払いが滞り、回収が困難だと思われていた不良債権について相談に来られました。

依頼後の活動

調査した結果、債務者が所有する不動産資産を発見。これを差し押さえたことで、債務者は支払いに応じました。そして、債権の分割払いに応じたため、差押を抵当権に切替。債権に担保がつき、その後も順調に支払いが継続しています。

得られた結果

債権に担保がつき、分割払いではあるが順調に支払が継続している。

ポイント

分割支払いの債務が累積しても「資金がない」という理由で支払いを拒まれると、債権者は泣き寝入りするしかない場合が多々あります。今回は、提携する不動産会社のネットワークを活用し、債務者が不動産資産を保有していることを突き止めることができました。
債権は分割払いのままですが、今後は担保物件があるため不良債権になる恐れはなく、債務者からはその後も順調に支払いが続いています。