離婚・男女問題はこちら
ページトップへ

任意売却・借金問題 ┃個人のお客様

Optional sale / Debt problem case

任意売却の手続きと流れ

Steps


STEP 01 ご相談(電話・メール)不動産を熟知しているスタッフ、及び提携不動産会社スタッフが、電話・メールで大まかな内容を伺います。
後日、弊社にて弁護士とスタッフがお客様のご意見をお伺いし、ご相談者様のご満足いただける方法をご提案させていただきます。STEP 02 物件の調査・査定 提携不動産会社スタッフが、不動産の状態と近隣相場などから価格の査定を行います。STEP 03 専任媒介の締結 売却をする不動産会社が決まったら、その業者と専任媒介契約を締結します。契約の締結で、ご相談者様の代理人として金融機関との交渉が行えるようになります。STEP 04 金融機関への報告 金融機関に任意売却することを連絡します。
抵当権を外してもらえる売却価格の交渉、任意売却の方法や時期を、ご相談者様と金融機関に調整、確認を取りながら進めていきます。STEP 05 販売活動の開始 不動産業者のデータベースへの登録、インターネット、新聞への掲載を通じて、ご相談者様の立場に合わせた売却活動をいたします。STEP 06 金融機関の同意 購入希望者との交渉結果を踏まえて、金融機関と債務の返済、滞納している管理費、税金の処理、売却費用の負担等について交渉し、任意売却の同意をもらいます。 STEP 07 売買契約の締結 金融機関の同意が得られれば、買主と売買契約を締結します。STEP 08 決済 売買代金が支払われたら、抵当権の抹消、債務の返済をし、買主へ不動産の引き渡しをします。
この際、引越し費用が掛かる場合は売買代金から支払うことができます。

任意売却・借金問題に関してよくある相談内容

Consultations


任意売却について

question

任意売却とは?

answer

ローンの支払が困難になった時点で融資を受けた金融機関との合意に基づいて家を売却する手続きのことを言います。

question

マイホームローンの返済が苦しい

answer

任意売却で自宅を売却しようとお考えになっているのならまずはご相談ください!所有者、もしくはご家族の方にも、ご満足いただける方法をご提案させていただきます。

question

任意売却あとの残された債務はどうなる?

answer

ローン残高から不動産売却価格、引越し費用など諸経費を差し引いて残ったものが債務となるわけですが、残債金額がはっきりした時点で、債権者と話し合いどのように支払っていくかを決めます。
月々の支払能力を考慮したうえで取り決めがされることになります。

question

離婚を考えており、夫婦共有名義の家を売却するにはどうしたら良いのか分からない

answer

共有名義は持分移転、持分放棄などをすれば解除は出来ますが、連帯債務者でもあった場合は、連帯債務から外れるために債権者の同意が必要になります。
しかし外れると返済義務がどちらか片方に返済義務が偏るので、返済の回収が出来なくなるリスクが大きくなるのを債権者は嫌がるため、応じてくれないことが殆どです。

question

会社の倒産で返済に困っている

answer

倒産で心労が重なり倒れてしまって仕事に仕事に就けないので住宅ローンの返済が出来ず任意売却を決意される方は少なくありません。
直ぐに債権者との交渉をスタートさせ滞納が代位弁済されれば、任意売却が始まります。
早い段階でご相談頂ければ滞納額も膨らまず、平穏な生活を取り戻せるようにアドバイスをさせて頂きます。

question

住宅ローン以外にも借金がある場合、任意売却が出来るのか。

answer

借入れにより、抵当権が設定されているか、または滞納をしていて差押えなどがされているケースは、貸主の応諾が必要になってきます。
登記簿謄本の抵当権、差押えの記載があってもご相談者様と貸主の間に入り交渉をさせて頂きます。

question

マイホームに住み続けて返済がしたい

answer

『セール・アンド・リースバック』と呼ばれる方法があります。
ローンが支払えなくなった物件を買い取ってもらい、新しくオーナーとなった第三者に家賃を支払う事で、そのまま住み続けることが出来ます。