離婚・男女問題はこちら
ページトップへ

解決事例

Cases

ゲームで課金した600万円を免責不許可事由非該当で債務の返済免除解決事例

依頼者・相手方

依頼者:女性40代前半

依頼時の状況

依頼者は、ゲーム課金で600万円の負債を抱え、困り果てて、当事務所に御相談に来られました。

依頼後の活動

ゲーム課金の借金は、浪費行為に当たると考えられるので、免責不許可事由に非該当となるように打ち合わせを行い、通常管財事件として破産の申立てを行いました。
管財人の調査依頼、書類提出の指示に丁寧に従い、依頼人の浪費についての反省を陳述書等でアピールして免責を許可して頂きました。

得られた結果

債務の返済免除

ポイント

免責不許可事由があっても、免責相当の判断を頂けることはある。これは、反省のアピール、今後の資金計画、生活の予測、生活の立て直し計画の具体性によって達成できる。